人を救う教師

私は教師という仕事に

やりがいを感じている。

 

教師になって、

かれこれ33年になるが、

 

この仕事は人を救うことが

出来るのだ。

 

教師になって10年が経った頃、

 

私の人生の転機となる

事件が起きた。

 

その事件とは、

教え子の自殺だ。

 

教え子の死・・・。

 

抑えられない感情が溢れ、

 

私はその時、

自分の役目を知った。

 

それからの私は、

自殺願望者を救う活動を始めた。

 

今まで出会った人数は42人。

 

彼らと会話をし、

彼らの気持ちを理解し、

 

時には強く説得をした。

 

しかし説得が及ばず、

7人だけ救うことが出来なかった。

 

非常に残念だ。

 

定年まであと4年。

 

大変だがやりがいのあるこの活動を、

教師である間は続けていきたいと思う。

 

(終)

解説

「自殺願望者を救う」というのは、

その自殺の後押しをしたということ。

 

「私」は教え子の自殺で

気がふれてしまい、

 

後押しするという形で、

自殺願望を持つ者の救済を始めた。

 

文中の数字を上から並べると、

 

「33104274=さっさと死になよ」

になるという説も存在する。

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③

アクセスランキング

このページの先頭へ