じいちゃんの孫

昨日、じいちゃんの家で

飯食ってたら、

 

交通事故を起こしたと、

孫から電話があった。

 

俺が電話に代わると、

慌てて電話切られた。

 

「お前がここに居るのに

そんなはずないだろ」

 

と笑いながら言って、

 

じいちゃんはそのまま

飯を続けた。

 

帰り際に小遣いまで貰って帰った。

 

じいちゃんの家に電話なんて

掛かってくるわけないのに・・・。

 

だって、

 

じいちゃんの孫は

息子夫婦とばあちゃんともども、

 

10年前に交通事故で

死んでるのに・・・。

 

(終)

解説

文中にもあるように、

 

「じいちゃんの孫」は

交通事故で亡くなっている。

 

では、

この語り手(俺)は誰だ?

 

実は「俺」は、

 

じいちゃんの孫になりすました

偽物である。

 

しかし、

痴呆が入っているじいちゃんは、

 

「俺」を孫と勘違い

しているのだろう。

 

ただ、

 

じいちゃんは「俺」が孫でないことに

気づいているような気もする。

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


One Response to “じいちゃんの孫”

  1. 匿名 より:

    じいちゃんの子供が2人以上いるという可能性は?

    息子Aは交通事故で死亡、Aの子供(孫)も死亡

    いっぽうじいちゃんには、独立している息子or娘B、息子or娘Cがいて、それらの子供(孫=俺)が居るという解釈もできる。

    だって、

    じいちゃんの子供は

    息子

    としか書いていない。

    「一人息子」と書いていない以上、

    じいちゃんには他の子供がいる可能性がある。

    なんのことはない

    俺はじいちゃんと血のつながった本当の孫だったのだ。

    HAPPY END

コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2019年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ