じいちゃんの孫

昨日、じいちゃんの家で

飯食ってたら、

 

交通事故を起こしたと、

孫から電話があった。

 

俺が電話に代わると、

慌てて電話切られた。

 

「お前がここに居るのに

そんなはずないだろ」

 

と笑いながら言って、

 

じいちゃんはそのまま

飯を続けた。

 

帰り際に小遣いまで貰って帰った。

 

じいちゃんの家に電話なんて

掛かってくるわけないのに・・・。

 

だって、

 

じいちゃんの孫は

息子夫婦とばあちゃんともども、

 

10年前に交通事故で

死んでるのに・・・。

 

(終)

解説

文中にもあるように、

 

「じいちゃんの孫」は

交通事故で亡くなっている。

 

では、

この語り手(俺)は誰だ?

 

実は「俺」は、

 

じいちゃんの孫になりすました

偽物である。

 

しかし、

痴呆が入っているじいちゃんは、

 

「俺」を孫と勘違い

しているのだろう。

 

ただ、

 

じいちゃんは「俺」が孫でないことに

気づいているような気もする。

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③

アクセスランキング

このページの先頭へ