父からの携帯メール

私の父が施設にいた頃、

 

父が散歩にでも出て、

 

そのまま連絡が取れなくなっても

困るので、

 

携帯電話を持たせていた。

 

父はボケていた。

 

父に携帯を買い与え、

アドレスを交換した頃は、

 

「これでいつでもお前と

連絡が取れるなあ」

 

なんて言っていたが、

 

どんどんボケが進行する父には、

 

結局、メールはおろか電話さえも

使うことが出来なかった。

 

ところがある日、

私の携帯に父からメールが来た。

 

件名はない。

 

本文にただ、

 

「いわいわいわいわいわいわいわ

いわいわいわいわいわいわいわ」

 

と打たれている。

 

はぁ?と思った。

 

意味が分からない。

 

と言っても、

ボケた父のことだ。

 

意味などないのだろう。

 

そう思っていると、

また父からメールが来た。

 

今度も件名はない。

 

本文に、

 

「いらいらいらいらいらいらいら

いらいらいらいらいらいらいら」

 

と打たれている。

 

何のことやら。

 

結局、

 

ボケた父が訳も分からず

携帯を操作しているうちに、

 

私にメールを送信して

しまったのだろうと思って、

 

放っておいたのだが、

 

まさかこれが父からの

最後のメールになるとは・・・。

 

その日、

父は施設で大暴れをし、

 

階段から転落して

亡くなったそうだ。

 

もしや、二件目のメールの

「いらいら」とは、

 

何かいらいらすることでもあって、

私に伝えたかったのだろうか?

 

あの時、私がしっかりと

メールを返していれば、

 

父も暴れたりすることは

なかったのかも知れない。

 

(終)

解説

メール作成画面を起動した父は、

 

「110」と「119」を押して

通報しようとしていた。

 

1→1(あ→い)

0(わ)

 

1→1(あ→い)

9→(ら)

 

つまり、

施設で虐待が起きていた。

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③

アクセスランキング

このページの先頭へ