キャンプファイヤー

 

僕はイジメられていた。

 

キャンプに誘われ、

楽しそうだったから、

 

「行く」

 

と言った。

 

俺はキャンプを楽しんだ。

 

キャンプファイヤーから

高い音が聞こえるが、

 

俺は気に止めなかった。

 

俺は無事に帰宅した。

 

(終)

解説

一人称が途中から「僕」から「俺」に

変わっているのがお分かりだろうか。

 

そう、「僕」はいじめの末に、

キャンプファイヤーで殺されたのだ。

 

高い音(声)が聞こえるのは、

「僕」が悲鳴を上げていた為である。

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ