キャンプファイヤー

 

僕はイジメられていた。

 

キャンプに誘われ、

楽しそうだったから、

 

「行く」

 

と言った。

 

俺はキャンプを楽しんだ。

 

キャンプファイヤーから

高い音が聞こえるが、

 

俺は気に止めなかった。

 

俺は無事に帰宅した。

 

(終)

解説

一人称が途中から「僕」から「俺」に

変わっているのがお分かりだろうか。

 

そう、「僕」はいじめの末に、

キャンプファイヤーで殺されたのだ。

 

高い音(声)が聞こえるのは、

「僕」が悲鳴を上げていた為である。

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ