母の手帳

 

一人っ子の私は、

 

両親にとても愛されながら

育ってきた。

 

特に母は私を可愛がり、

 

私が何か失敗をしたり、

ちょっとした悪さをしたりしても、

 

怒ったりせずニコッと笑って

許してくれた。

 

親としては少し甘いのかも知れないが、

私はそんな母が大好きだった。

 

ある日、

 

学校から帰って来て

リビングでテレビを見ていると、

 

電話が鳴った。

 

母からだった。

 

「真奈美、

 

いまスーパーに買い物に

来てるんだけど、

 

冷蔵庫にニンジンがあるか

ちょっと見てくれる?」

 

私は、

 

「ちょっと待ってね」

 

と言いながら、

キッチンに向かった。

 

そして冷蔵庫を開けようとした時、

あるモノが目に留まった。

 

冷蔵庫の上に置かれた、

一冊の手帳。

 

あれ?と思いながら、

私は冷蔵庫を開け、

 

ニンジンがあるかないか

確認して母に伝えた。

 

電話を切った後、

 

私はそっとその手帳を

手に取った。

 

手帳は母が昔から肌身離さず

持ち歩いている物で、

 

ずいぶんボロボロだった。

 

私は小さい頃から、

この手帳のことが気になっていた。

 

何をしても笑って許してくれた母。

 

でも覚えている。

 

私が何か失敗や悪さをするたびに、

 

母がこの手帳にサラサラと

何か書いていたのを。

 

そして、それは今も・・・

 

私はずっと、

何を書いているのか知りたかった。

 

好奇心に支配された私は、

 

罪悪感など微塵も感じずに、

パッと手帳を開いた。

 

無作為に開いた手帳。

 

その真ん中の方のページ、

そこにはこう書かれていた。

 

「今日の真奈美 -3点 残り168点」

 

(終)

解説

0点になったら殺すという意味。

 

ただし、

初期点数は不明だが、

 

+に加点されている

可能性もあるので、

 

今回の話のように良い行いを続ければ、

殺されることはないのかも知れない。

 

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ