不幸な男の前に

 

あるところに不幸な男がいた。

 

男はとても貧しく、

皆からいじめられていた。

 

哀れに思った神様が、

男の前に立って言った。

 

「望みを言え。

一つだけ願いを叶えてやろう」

 

突然現れた神様に、

男は気が動転しながら答えた。

 

「ちょっと待ってください。

今・・考えますから・・・」

 

「うむ。分かった」

 

神様は少しの間だけ待ち、

そのまま消えた。

 

(終)

解説

「ちょっと待ってください」

が願い事になってしまった。

 

余計なことを言わなきゃ

よかったのにね・・・。

 

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ