不幸な男の前に

 

あるところに不幸な男がいた。

 

男はとても貧しく、

皆からいじめられていた。

 

哀れに思った神様が、

男の前に立って言った。

 

「望みを言え。

一つだけ願いを叶えてやろう」

 

突然現れた神様に、

男は気が動転しながら答えた。

 

「ちょっと待ってください。

今・・考えますから・・・」

 

「うむ。分かった」

 

神様は少しの間だけ待ち、

そのまま消えた。

 

(終)

解説

「ちょっと待ってください」

が願い事になってしまった。

 

余計なことを言わなきゃ

よかったのにね・・・。

 

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ