洗面所で顔を洗っていたら

 

さて、そろそろ出かけるか。

時計を見ると昼過ぎだった。

 

ああ、まだ顔を洗っていなかった。

メンドクサイけど仕方が無い。

 

洗面所の水を出して、

ジャバジャバと顔にかける。

 

洗顔料を指の上に乗せ、

泡立てて顔に広げ、

 

マッサージしながら洗う。

 

コポコポと排水溝に流れていく

水の音が響く。

 

ちと水流し過ぎたな・・・

そろそろ洗い落とすか。

 

手探りで水を探す。

 

あ、あれ?どこだ?

 

手に水がなかなか当たらない。

 

泡が目に入るのを堪えながら、

直接目で探す。

 

蛇口、蛇口・・・どこだ?

 

ああ、蛇口あった。

 

蛇口をひねって水を出す。

 

水を顔にかける・・・。

 

やっと洗い落とせた。

 

顔にタオルをあて、

水気を切る。

 

あ・・・

 

なんか洗面所の鏡を見るのが

怖いなあ・・・。

 

ヒゲまだ剃ってないけどいいや。

 

そのまま逃げるように家を出た。

 

(終)

解説

「コポコポと排水溝に流れていく

水の音が響く」

 

ということから、

 

水を出しっぱなしにしていた

ことは分かるが、

 

その後も蛇口は閉めていないのに、

再度ひねって水を出している。

 

つまり、

 

自分が顔を洗っている間に

誰かが蛇口を閉めている。

 

なので鏡を見ることが出来ず、

逃げるように家を出たのである。

 

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ