涼しく静かな避難所

 

私の住むある地方で、

大きな地震があった。

 

避難所となった小学校で

寝ることにしたが、

 

人が溢れて騒がしく、

とにかく暑い。

 

涼みに外に出てみると、

 

明かりの点いていない

建物を見つけた。

 

そこはとても涼しく静かなので、

多くの人が横になっていた。

 

「これはしめた!」

 

とそこで寝ることにしたが、

しばらくして異変に気付いた。

 

静かすぎる・・・。

 

私は建物を飛び出した。

 

(終)

解説

しめたと思った静かな場所は、

遺体の収容所だった。

 

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ