震災後の避難所での不思議な体験

避難所の標識

 

これは、『3.11東日本大震災』の直後の体験話。

 

私は避難所になった近所の学校へ、お手伝いに行きました。

 

夫は教員で、自分が勤める学校の避難所運営で帰宅できませんでした。

 

1人でいるより集団でいる方が安心かなと思って、お手伝いに行った次第です。

 

当時はまだ高速も閉鎖されており、遠方から身柄の引き受けに来る人が真夜中に来たりしたので、運営スタッフも24時間体制で対応していました。

 

震災2日目の夜、たまたま夜番の人が1人足りなかったので、良い経験かと私は朝まで避難所のお手伝いをすることにしました。

 

停電している上に灯油もないため、その夜はわずかな灯りを囲んで皆が毛布に包まって起きて、あれこれ喋っていました。

 

夜も更けた頃、昇降口の外に人影が見えたので、「あ、誰か来た!」と昇降口の扉に向かいました。

 

時間は、はっきりと覚えていません。

 

そこには親子3人が手荷物もなく、薄汚れた格好で昇降口の外に佇んでいました。

 

私は扉を開けて、「こんばんは。寒いから中へどうぞ」と声をかけました。(当時は雪が積もっていました)

 

しかし、応答がありません。

 

というより、反応がないのです。

 

あれ?と思い、「どうされました?中に入れますよ。食べ物もお分けできますから」と言っても、まったく反応がありません。

 

すると後ろから、「どうしたの?」とスタッフの声がしました。

 

「いや、この方々が…」

 

そう言いながら改めて見ると、誰もいませんでした。

 

スタッフの方いわく、「突然あなたが昇降口に行くからトイレかと思ったんだけど、何か喋ってるから、あれ?と出てみたら、あなた闇に向かって話してたよ」と。

 

冷静に考えると、当時は停電、街灯もなし、昇降口の足元だけに小型のランタンがあっただけです。

 

外に立っている人が薄汚れた格好なんて、わかるはずもないのです。

 

平時なら怖いと騒動になるでしょうが、当時はああいう状況だったので、私を含めて皆さん冷静に手を合わせることができました。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2024年6月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

【特集】過去の年間ランキング

(2022年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2022年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ