監禁された男への指令

 

とある町で起こった事。

 

50過ぎの一人の男が、

ある部屋に監禁された。

 

男が目を覚ますと声がした。

 

「そこのダンボールの中から、

両面が同じ模様のコインを見つけろ」

 

男の目の前には、

大きなダンボールがあった。

 

開けてみると、

中には沢山のコイン。

 

「両面が同じものを見つけたら、

 

机の上にある写真機で

コインを撮るんだ。

 

写真はそこのFAXで送れ、

見つけるまで帰れはしない」

 

もちろんFAXには、

 

決められた番号にしか送れない

ようになっていた。

 

男はダンボールの中を

全力で探した・・・。

 

そして、

両面が同じコインを見つけた。

 

早速、写真を撮って

FAXで送ろうとした時、

 

男は気づいた。

 

もう一生この部屋から

出られないのだと・・・。

 

(終)

解説

両面が同じコインを

見つけたところで、

 

表と裏を一緒に写真で

撮ることは出来ない。

 

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ