イギリスに旅行した先のホテルで

 

俺は会社から長い休暇をもらい、

イギリスへ旅行することにした。

 

ホテルで寝ていると、

なにやら外が騒がしい。

 

時間は深夜の3時だ。

 

窓から顔を出してみると、

どうやら殺人事件があったらしく、

 

しかも犯人はこのホテルの2階に

まだ隠れていると、

 

警察が叫んでいるようだ。

 

俺がいるのは3階だ。

 

だが外を見る限り、

 

2階以下のフロアは既に警察が

厳重に包囲しているようだ。

 

エレベーターも階段も使えそうにない。

 

俺は多少心配だったが、

旅の疲れによる睡魔に勝てず、

 

犯人が早く逮捕されることを

祈りながらベッドに入った。

 

(終)

解説

日本とイギリスでは、

階数表示が一つずれる。

 

1階=グランドフロア

2階=ファーストフロア

3階=セカンドフロア

 

・・・というように表示される。

 

つまり、

 

俺は自分のいるセカンドフロアを

2階と勘違いしているが、

 

実は俺のいる3階(セカンドフロア)に

今まさに犯人が隠れている。

 

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ