百貨店の店内をうろつく浮浪者の幽霊

百貨店

 

これは、とある百貨店での幽霊話。

 

俺が働いている百貨店では時々、「店内を浮浪者がうろついているから何とかしてくれ」というクレームが入る。

 

しかしみんな慣れたもので、「おいおい、またか・・・」となる。

 

なぜなら、出入口から各階を警備員で固めているので、そんな輩が入り込めるはずがないのだ。

 

なので、みんな口を揃えて「見える人にはやはり見えるもんなんだな」と言う。

スポンサーリンク

「浮浪者を何とかしてくれ」

この百貨店は戦後の復興期に隣に新館を建てて今に至るのだが、以前は旧館に3人の浮浪者が住み着いていたらしい。

 

何度追い出しても戻ってくるし、その頃は浮浪者も一般人も大して変わらない風体だったしで、さほど問題とはされなかったようだ。

 

そればかりか、店の連中とも仲良くし、ゴミ拾いなんかの仕事もして順応していたようだ。

 

しかし、徐々に街が復興し、隣に新館を建てる予定が出てくる頃となると少々話が違ってくる。

 

「今まで通り店内に居住させるのはいかがなものか?」という意見が多数となる。

 

実際、「汚らしい」などというクレームめいたものも客から出るようになってきた。

 

そのうちに新館の建設と共に旧館も全改装となり、主(おも)だった従業員は休みを取ることに。

 

そして従業員が改装終えた旧館に戻った時にはもう、3人の浮浪者は消えていたということだ。

 

何処に行ったのか知る者はいない。

 

語る者もいない。

 

今よりも人が消えやすい時代だったのだ。

 

しかし、それから現在に至るまでも、年に何度か客からクレームが入る。

 

「浮浪者を何とかしてくれ」と。

 

それも、決まって旧館だ。

 

その度に俺たち従業員はこう言うしかない。

 

「見える人にはやはり見えるもんなんですね」と。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ