身代わりになってくれたお不動さんの像

仏像

 

これは、祖父から聞いた話。

 

祖父は山歩きが日課で、常に『お不動さんの小さい像』を持っていた。

 

ある日、熊に出会い、そして襲われ、気がつくと病院のベッド上だった。

 

肺の1センチ上まで切り裂かれていたが、運良く助かった。

 

命が助かったのはお不動さんのおかげ、と祈りを捧げようとしたら、持っていたお不動さんの胸部には、刃物で切ったかのような傷跡が付いていた。

 

その傷跡は、自分の怪我と全く同じ位置にあり、像の背部の炎まで達していた。

 

祖父は、お不動さんが自分の身代わりになってギリギリ助けてくれた、と思ったそうな。

 

そして、「熊の爪が振りかぶられた瞬間、初孫を見るまでは死ねん!思ったら、電波を受信したかように頭が真っ白になった」とも語っていた。

 

熊はその後に猟銃で撃たれたが、なぜか銃弾以外の穴のような傷跡も付いていたという。

 

祖父は、「お不動さんの独鈷杵攻撃に違いあるまい」と言っていた。※独鈷杵(どっこしょ)=法具

 

あとがき

爺ちゃんのお不動さんの像は独鈷杵を持っていた。

 

なにか由来はあったのだが、難しい言葉が多くてよく分からなかった。

 

そんな俺に、「オリジナルメイドのカスタム仏だからな」と要約してくれた。

 

またその像は、海洋堂風のようなリアル的なものでなく、円空仏のようなものだった。※リンク先はWikipedia

 

身体守りとしてのご利益はピカイチだったそうだが、爺ちゃんと一緒に納棺したので、もうその像はない。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年10月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ