人の生きざまは身体に出てくる

人影

 

これは、あるネットゲームで怪談大会をした時にその主催の人が語っていた話。

 

人間というものは生きていると、その生きざまが身体に出てくることがある。

 

例えば、意地の悪い人は意地の悪い顔つきになり、怒りっぽい人は怒りっぽい顔になるとよく言うが、その通りだと思う。

 

特に『手』というのは嘘がつけないもので、職人さんの手はやはり仕事が染み付いた立派な手をしている。

 

うちの近くにある古武道の師範の手は、分厚く立派なものだった。

 

その師範が自分の手の一部を指して、こう言う。

 

人を殺めたもんにはこういうのが出てくる。戦争の時に出来たが、まだ消えへん」

 

そんな事があるのだろうか?と思っていたが、うちの爺ちゃんが死んだ時に手を見てみると、それと同じ特徴があった。

 

爺ちゃんも戦争に行った人なので、あの世代の方々はそういう事を抱えて生きてこられたのだと、しみじみ思った。

 

その特徴については、残念ながらここでは教えられない。

 

何故かって?

 

分かり難いというのもあるが、オフ会でお会いした時に私が困るので。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ