死人になって分かった事

頭蓋骨

 

これは、先輩から聞いた話です。

 

先輩が中学生だった頃、当時の音楽の先生は女性でした。

 

その先生は昔から『いわく付きのもの』を見たりするそうで・・・。

 

初めてそういうものを見たのは、幼い頃にかくれんぼをしている最中に見つけた首吊り死体でした。

 

その首吊り死体は友人らと見つけました。

 

それを見てから、先生は死者に関して色々と体験されてきたそうです。

スポンサーリンク

死人の気持ち

その体験とは、死者が会いに来たり、目的も分からないまま死者から見られていたり、死体を見つけたり・・・。

 

そういう話を、先生が退職する年の冬頃から、音楽の時間の空いた時間に手短に話していました。

 

当時は円系校舎の奥の建物が音楽室で、昼でも結構イヤな雰囲気がする場所でした。

 

その円系校舎自体がいわく付きで、先生の話も実話であった為、生徒からは「マジで怖い」と評判でした。

 

そんな先生が最後の授業の時、私の先輩がその授業を受けていました。

 

そして唐突に、「今日は音楽の授業をやめて話をさせてください」と先生が言ったそうです。

 

もちろん怖いものが苦手な生徒もいたのですが、「先生いいよ~」、「最後だし~」という感じで、生徒らは承諾しました。

 

先生は、怖い話を生徒に聞かせた事は間違いであったと謝罪の言葉を述べ、涙を流しました。

 

「だけど、今日は伝えたい事があるので、今日を最後に私は自分の体験を他人に話す事をやめます。だからあなた達も面白半分で他人に話すのはやめてね」と言って話し始めました。

 

先生は昨晩、つまり最後の授業の前の日の深夜に、友人が会いに来たと言いました。

 

その友人は昔からの知り合いで、ガキ大将で体格が良く、面倒見のいい男だったそうです。

 

その友人が枕元に立ち、「明日でもう話すのは最後にしないか?」と言ってきました。

 

先生は夢か現実か分からず、「なんで?」と聞き返すと、「俺、死んだんだわ、今日」と、その友人は言いました。

 

友人は続けて、「死人になって分かる事もある。死人の事を話すのは、思い出を語る時だけでいい。死人の事を恐怖の対象で話されるのは凄い嫌な気分になる。だから明日、俺の話をして最後にしてくれ」と、そうお願いして友人は消えたそうです。

 

最後の授業の日の朝、先生は友人の実家に電話をしました。

 

親が電話口に出られ、彼は昨夜19時頃に事故で亡くなったと聞かされました。

 

先生はずっと泣きながら、最後の授業でその話をしていました。

 

そして生徒らには連絡先を教えず、翌日には引越してしまったのです。

 

その後、「先生を見た」という話は聞いた事がないそうです。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ