幽霊列車と呼ばれていた列車があった

列車

 

これは『幽霊列車』と呼ばれていた、とある列車の怪談話。

 

数年前のこと、俺の故郷で肝試し中の軽率そうな若者が、トンネルの中で最終列車に轢かれて死亡する事故があった。

 

なんでも、『終電の後に1本、男達を満載にした列車が走る。乗っているのは昔に事故で亡くなった人達だ』という、幽霊列車の怪談を聞いて隣県から遠征に来ていたところ、列車に撥ねられ轢かれた。

スポンサーリンク

幽霊列車の正体

その昔、本当に通称『幽霊列車』と呼ばれていた列車が走っていた時期があった。

 

それは時刻表にも載らない臨時列車で、乗っているのは男のみ。

 

空襲を警戒して、駅校舎を除いて車内も消灯していた。

 

駅員には臨時列車の運行が教えられるが、箝口令が敷かれていた。

 

沿線住民も見て見ぬふりをしていて、幽霊列車のことは口外してはいけなかった。

 

もし口外すると、憲兵に連れて行かれたという。

 

実はこの幽霊列車の正体は、兵士を運ぶ臨時軍用列車。

 

明治頃の路線では大きな落盤事故があったが、それとは違う場所。

 

鉄橋を作る技術が上がり、線路を付け替えたから。

 

しかし故郷にある怪談は、二つが一つになっていた。

 

地元でその怪談が知られていなかったのは、地元の年寄り達は幽霊列車の正体を知っていたからだ。

 

誰かが話を聞いてきても、「そりゃあ、兵隊さんを運んでいた臨時列車のことだ」と言われれば広めようがない。

 

ちなみに地元では聞かないが、今では『肝試しに行って列車に轢かれて死んだ若者が、自分の首を泣きながら探して彷徨っている』という怪談があるそうだ。

 

ただ、冒頭の若者の死亡事故では首は飛んでいないので、これは全くのデマかと思われる。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2021年4月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

【特集】過去の年間ランキング

(2019年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2019年・怖い話ランキング20
(2018年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ