ロープウェイに同乗していた二人連れ

ゴンドラ

 

これは、とある山のロープウェイでの心霊体験談。

 

ロープウェイなど普段なら使わない俺だが、時には高みから谷間や峰を見下ろしたい気分になる。

 

時季外れということもあり、ロープウェイには俺の他に夫婦らしい男女が二人乗っているだけだった。

 

晴れてはいたが一部に雲があり、行程の半ば辺りまで来た頃はその雲の中にいた。

 

一番景色が良さそうな場所で雲にぶつかるとは、ツイていない。

 

やれやれと息をつき、ザックのポケットから携行食の小さなチョコレートを取り出し、口に放り込んだ。

 

やがて、ロープウェイのプラットフォームに。

 

係員が扉を開け、同乗の二人連れが席を立ち、こう言った。

 

「しばらくご一緒しませんか?」

 

山ではよくあることなので、間をあけずに同意し、俺も立ち上がった。

 

彼らが降り、俺も続こうとして、ふと気づいた。

 

着くのが早すぎる・・・。

 

「すいません、この先で降りますから」

 

俺は係員に声をかけ、先に降りた二人連れにもそれを告げた。

 

「そうですか、ではお気をつけて」

 

そして、係員が無言で扉を閉めた。

 

結局は俺一人がロープウェイに残り、そのまま進んだ。

 

ただ、振り返ったそこに、プラットフォームなど無論ありはしない。

 

大きく息をつき、静かに手を合わせた。

 

上まで行ったら小さなケルンを二つ作ろう、そう思った。※ケルンとは、慰霊の意味で石を積み上げたもの。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2024年5月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2022年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2022年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ