死神をモチーフにした張り子を展示したら・・・

死神

 

俺の住んでいる地、鳥取県境港市には水木しげる記念館なるものがある。

 

言わずと知れた妖怪作家の記念館である。

 

ここには全国の物好きから妖怪オブジェなるものが送られてくる。

 

絵画や張り子など、あらゆるものが送られてくる。

 

そして、それらは記念館前の商店街に展示されることになっている。

 

ある日、隣の島根県から個人製作の妖怪オブジェが送られてきた。

 

それは『死神』をモチーフにした張り子であった。

 

なかなか出来の良いその死神は、すぐに商店街のわりと目立つ場所に展示されることになった。

 

数日後、その死神が展示されているお店の家族から死者が出た。

 

まだ若い元気なおじさんであった。

 

死者が出た店に死神を置いておくのは不謹慎だということで、死神はすぐに場所を移された。

 

しかし数日後、また死神が展示されているお店の家族から死者が出た。

 

本来ならこの時点で死神の展示は中止になるはずであったが、どこかの物好きが「自分のところに置いてもいい」と言ったので、三度展示されることになった。

 

結局、その物好きの家族からも死者が出た為、その死神の張り子は現在は神社に安置されている。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ