お参りは余程の事がなければしない方がいい

神社

 

これは帰省先で暇だったので、なんとなく近くの神社へ行った時の話。

 

場所は変わってもやることは変わらず、いつものように小銭を賽銭箱に入れて、ガラガラと鈴を鳴らしてお参りをしていると、小柄なお婆さんがトコトコと近づいてきた。

 

白っぽい和服に赤い帯をして、腰は90度近く曲がっており、深い皺(しわ)に覆われたカエルのような顔をしている。

 

なんだなんだと目で追っていると、私の直ぐ隣に並んで拝み始めた。

 

(おいおい、なんでわざわざ私の居る隣で始めるのよ)

 

鬱陶しいお婆さんだなぁと思いつつも見ていると、いきなりこちらをギロッと睨んでは「もうお終いだね」と言い、物凄い早足で去って行った。

 

(え?なに!?)

 

家に帰ってその出来事を話すと、なぜか親に凄い剣幕で怒られ、こう言われた。

 

「おまえ、運を盗られたよ」

 

なんでも、お参りは『参る』に通じて、全ての面で無防備になるらしい。

 

そして、そこを狙って他人の運を吸い取る輩がいるらしい。

 

そんな理由から、お参りは余程の事がなければしない方がいいものなのだそうだ。

 

でもそんな話なんて聞いたことはなく、突っ込みどころも満載だったが、どうせ田舎の迷信だろうと、「ああ、そう、これから気をつけるよ」と適当に返事をした。

 

その帰り際、急に父が倒れた。

 

すぐ救急車に乗せて病院へ連れて行くと、「末期の肝臓癌で長くても後3ヶ月程度」と診断された。

 

件のお参りと父への突然の余命宣告は関係あるのだろうか?

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ