初めての金縛りに興奮した私は

寝室

 

生まれて28年、金縛りを初めて体験した夜のこと。

 

ちなみに、私は霊感が全く無い。

 

2週間ほど前、それは突然やって来た。

 

夜中にふと目が覚めると体が動かない!

 

寝ぼけているのかと思ったが、どうやら違うらしい。

 

この時点で私のテンションがMAXに上がる。

 

なぜなら、こんなおいしい体験を待ち侘びていたからだ。

スポンサーリンク

一生に一度のチャンス!?

体を動かそうとしても殆ど動かず(力一杯頑張れば少しは動くのだが、体がベッドに張り付いた感覚)、胸も苦しい。

 

いくら声を出そうにも、「ぅ・・ぁ・・・」の様なうめき声しかあげられない。

 

3分ほど金縛りあるあるを楽しんでいたところで、一番大事なことに気付く。

 

そう、まだ『霊』というものを見ていない。

 

この状態は一生に一度のチャンスかもしれない。

 

私は目だけを動かし、枕元をチェックする。

 

そこには寝る前に置いた目覚まし時計があるだけだ。

 

おかしい・・・。

 

着物姿の正座をしたババアがいない。

 

そうか、足下から這い上がって来るパターンか?

 

視線を下に向ける。

 

胸は苦しいままだが、何者も私を攻略しに来ない・・・。

 

「もしや!?」と思い、正統派でドアからこんにちはのパターンも検証したがダメだ。

 

時間にして10分程度だったろうか。

 

いい加減しんどくなってきた。

 

私は声にならない大声を出しながら、力一杯に全身を起こす。

 

すると、初めての金縛りは一瞬で解けた。

 

リビングに行ってビールを飲み、再び就寝する。

 

そして翌朝、洗面所の鏡に映った自分の顔を見て驚愕した。

 

右頬に3箇所の黒いアザがあった。

 

さらに、左頬と喉には無数の引っ掻き傷も。

 

一体、昨夜は何が起きていたのか?

 

何も分からないことが怖い・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ