私には見えない子どもが一人増えた

テーブルとイス

※文中の名前は全て仮名

これは、数年前に私が体験した話です。

 

当時の私は保育士として保育園に勤めており、4歳児クラスを担当していました。

 

その年の8月の初め頃、急にクラスの子どもが一人増えたのです。

 

それも普通に転園して来たとかではなく、私には見えない子どもが・・・

 

それに気が付いた理由は、元からいた子ども達の言動からでした。

スポンサーリンク

サトシくん

初めての異変の日、私はいつものように製作用の机と椅子、そして人数分の材料を並べて子ども達を座らせました。

 

しかし、一人だけ座らない子がいるのです。

 

それも悲しそうな顔をして・・・。

 

私が「アヤちゃん、座らないの?」と聞くと、「座る席がない」と言います。

 

しかし、席は一人分ちゃんと空いています。

 

「ここ空いてるよ?」と言うと、「サトシくんが座ってるよ」と言います。

 

私のクラスには『サトシくん』という子はいませんし、他のクラスにもいません。

 

違う学年のクラスには一人いますが、その子は園庭でプール遊びをしています。

 

少し気味悪く思いながらも、「誰も座ってないよ。アヤちゃん座って大丈夫だよ」と伝えると、他の子達も「サトシくんが可哀想だよ。怒っちゃうよ」と言います。

 

仕方なくもう一つ席を用意して、アヤちゃんはそこに座りました。

 

それからというもの、サトシくんが普通に存在しているかのような生活が始まりました。

 

例えば・・・

 

室内での自由遊びで、男の子が一人で遊んでいるので声をかけると、「サトシくんと遊んでる」と言う。

 

保護者のお迎えが来て帰る時も、誰もいない部屋に向かって手を振る。

 

夜に残業をしていると、階段を子どもが駆け上がる音がする。

 

・・・等々、子ども達があまりに普通に接しているので、こちらも段々と慣れてきました。

 

ちなみに、給食もサトシくんの分を用意しないと子ども達が怒るので、(さすがに給食室に用意してもらえないので)私の分を分けていました。

 

しかし、そんな生活はいきなり終わりを迎えます。

 

8月の終わり頃、いつものようにサトシくんの分も席を用意していると、子ども達が「せんせー、お椅子が一つ多いよ」と言います。

 

私が「サトシくんの席だよ?」と言うと、「サトシくんって誰?」と返ってきます。

 

もう訳が分かりませんでした。

 

サトシくんのことを子ども達は誰も覚えていないのです。

 

約1ヶ月の間、子ども達が接していた『サトシくん』とは何だったのでしょうか。

 

実害は全く無いけれど、ほんのりと怖いひと夏の不思議な現象でした。

 

あとがき

他の職員も、子ども達がサトシくんと遊んでいる様子を見ているので、私の妄想や統合失調症的なことはないとは思います。

 

子ども達が帰った後の足音や気配も、いつの間にかなくなりました。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ