暗く長い廊下の先でズルズルと這うもの

ヤモリ

 

これは、友人の体験話。

 

彼の実家は山奥の旧家である。

 

子供の頃から年に何度かの割合で『尻尾』を見るのだと言う。

 

暗く長い廊下を歩いていると、先の闇中でズルズルと這うものがある。

 

どうみてもトカゲの尻尾。

 

灰色で柔らかそうな。

 

ただ、大人が一抱え出来そうなほどの大きさがあるけれども。

 

追い駆けると、スルリと角を曲がって見えなくなってしまう。

 

駆け付けた角の先には、動くものなど何もいない。

 

そんなことが度々あったのだと、彼は言う。

 

家人によると、「ヤモリサマの尻尾だろう」とのことだ。

 

昔からこの家に住まう”守り神”だと聞かされた。

 

「ヤモリって多分『家守』って字を当てるんだろう。でも本当に守ってくれているかなんて、実際は誰にも分からないけどな」

 

今でも里帰りした折、見ることがあるらしい。

 

「出なくなったらなったで、ちょっと寂しく思うかもしれないね」

 

生真面目な表情で、彼はそう呟いた。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2021年3月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2019年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2019年・怖い話ランキング20
(2018年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ