お盆やからそんな事もあるやろうけど

川

 

俺が高校二年生の時の話。

 

夏休みに入った途端、髪を染めて毎日をエンジョイしていた。

 

そして、お盆の時期に母の実家へ行くことになった。

 

場所は九州宮崎県の某所。

 

母いわく、かなりの田舎との事。

 

でもちょうど暇を持て余した時期だったので、家族皆で行くことになった。

 

家族構成は父、母、俺、妹、弟、妹の六人。

 

父が運転する車で出掛けた。

スポンサーリンク

こんな体験をした

長旅の為に途中で酔ってしまったりと色々あったが、本州と九州を繋ぐ関門海峡で休憩と小腹を満たしてから、無事に宮崎県に突入。

 

夜に出発した為、宮崎の市街地の都会を抜けた頃には青空が広がり、夏独特の湿度と暑さが充満していた。

 

野を越え山を越え、民家もポツポツになって行く中、「あそこに見える山の近く」と母が言う。

 

まだまだ遠い。

 

地元界隈では『神様に一番近い場所』と呼ばれ、わりとそんな話もある町との事で、心霊関係が大好きな俺はワクワクしていた。

 

車で寝てしまっているうち、起きたら婆ちゃんの家に着いていた。

 

婆ちゃんの家は、よくある昔ながらの日本家屋。

 

植木に囲まれた中に庭が広がり、10メートルほど歩くと玄関。

 

到着当日は疲れていたのもあり、遊びにも行かずに皆で宴会に。

 

親戚の人も来て、どんちゃん騒ぎだった。

 

みんな酔っ払ってきた頃、焼酎を割る氷が無くなったので俺が買い出しへ行く事になった。

 

しかし、外は街灯が無く真っ暗。

 

足が無いと言うと、「それなら原付で行け」と。(飲酒ですやん・・・)

 

それにヘルメットも無いと言えば、「代わりにタオル巻いて行け」と。

 

さすがは田舎というのか、全く人に会わずにコンビニで買い物をして戻った。

 

その時に通ったトンネルが、とても暗かったのを覚えている。

 

原付のライトがあるのに、暗闇に消されている感じ。

 

そんなこんなで宴会も終わり、神棚が不気味な大広間で皆で川の字になって寝た。

 

翌朝、朝飯を食べている時に、近くに川があると教えてもらい泳ぎに行くことに。

 

歩いて10分ほどだったので、水着に着替えてから家族で向かった。

 

林道を歩いてると、川の音が聞こえる。

 

夏の蒸し暑さが全く無く、木漏れ日が気持ち良いぐらい。

 

途中には下りの道がちゃんとあり、石の敷き詰まった河原に到着。

 

そんなに深くないところで弟達と遊んでいた。

 

危険は無いと思ったのか、それとも飽きたのか、父と母が上流に行くとの事。

 

「ちゃんと弟達を見とけよ」と釘を刺され、面倒臭いと思いながらも涼しげな時間を感じていた。

 

ちなみに、弟達は3人共まだ小学生。

 

川を挟んだ向こう側は林になっていて、ちょうど川の真ん中に日差しが入って気持ち良かった為、そこに俺は佇んでいた。

 

足首ぐらいまで水に浸かって。

 

すると突然、「おぎゃぁおぎゃぁ」と赤ちゃんの鳴き声が聞こえた。

 

それも二回だけ。

 

川の真ん中にいたので、左右の林のどっちから聞こえたか分からなかった。

 

少しビビったせいか、川の水が異様に冷たく感じて川からあがった。

 

足首まで浸かっていたけれど、まるで氷水につけた後みたいに冷たく感じた。

 

その時、ちょうどタイミング良く両親が戻ってきたので、「飯食いに帰るかー」と帰宅。

 

夜はまた、例の如く宴会にて泥酔で就寝。

 

その日、母と布団が隣だったので、横になりながら色々話していた。

 

地元に住んでいた頃の話、親戚の話、地元の白蛇の神様の話。

 

ちょうど白蛇の神様の話をし始めた時に、足元のぼんぼりが突然に点いた。

 

足元には神棚があり、その明かりが左は消えていて右だけが点いていたが、その左側が点いた。

 

「なんや、接触不良か?」

 

夜中にビビらせるなよ、と思いながらも白蛇様の話を聞く。

 

話し終わったら次は右側が消えた。

 

神棚の明かりは話す前と逆になった。

 

「お盆やし、神様が通って行ったんやな」と母。

 

そういうもんか、と妙に納得して寝た。

 

その夜、酒を飲み過ぎたせいか夜中に目が覚めた。

 

最初は天井が明るく見えたので「朝かな?」と思ったけれど、よく見るとぼんぼりだった。

 

「反対向くとかどれだけ寝相悪いねん・・・」と自分で思いながらも、戻ろうと起き上がった時、目の前に丸まった赤ちゃんが居た。

 

確か、裸だったと思う。

 

その時に初めて、「人間は本当にびっくりしたら二度見するんや」と思ったけれど、二度見したらお供え物のスイカに変わっていた。

 

昼の川での鳴き声を思い出したが、母の「お盆やからな」とい言葉を聞いていたおかげで、また変に納得して寝た。

 

翌日、帰る日。

 

滅多に会わない孫達との別れに、淋しそうな婆ちゃん達に後ろ髪惹かれながらも車が出発。

 

「楽しかったなあ」なんて言いながら、弟達はすぐに爆睡した。

 

途中、とても暗かったトンネルを通った時、足首が冷たくなった。

 

それも左側だけ。

 

「捻挫かな?」と考えていたけれど、ずっと冷たいまま。

 

堪らず母に「足首冷たい」と言う。

 

「じゃあタオル巻いとき。すぐ治るやろうから」との事。

 

俺は我慢したまま寝ることにした。

 

そして、関門海峡でまた飯を食って本州に渡り切った頃、足首が冷たく無くなっている事に気付く。

 

母に言うと、「なんか変なもん憑いてても、地元からは離れへんわ(笑)」と軽くあしらわれた。

 

そして帰宅翌日、「無事着いたよ」と婆ちゃん達に電話した。

 

俺が話す時に、「こんな体験した」と赤ちゃんの話をしたら、婆ちゃんが教えてくれた。

 

あの川は昔『子洗い場』とも呼ばれていて、洗濯や風呂とかに使っていたという。

 

水がとても綺麗から。

 

「その時に流れてしまった赤ちゃんが、あんたの足首に掴まってたんやろなあ」との事。

 

そして、「気づいてくれないから目の前にも出たんじゃないか」と。

 

それを聞いて、なるほど・・・と納得。

 

ちょっと切ない気持ちになりながらも冥福を祈った。

 

でもやっぱり婆ちゃんも最後に、「お盆やからそんな事もあるやろうけど、またおいでね」と言った。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ