あの人が来た次の日は何故か大入りに

グラス

 

これは、昔に水商売のバイトをしていた頃の話。

 

店はカウンターとボックスが1つだけの小さなパブ。

 

毎晩ではないが、カランと入り口のドア付近で音がする。

 

時間は大体朝方の3時頃。

 

ちなみに、その頃は客なんて一人もいない。

 

店長と俺だけ。

 

「いらっしゃいませ。・・・ん?誰もいない?」

 

すると、ワンショットのウイスキーを必ず店長がカウンターに置くのだ。

 

何も言わずに。

 

俺はある日、店長に聞いてみた。

 

「誰か常連さんで亡くなった人でもいるんですか?」

 

「う~ん?いないよ、そんな人」

 

「だって、何気にあの音がするとカウンターに・・・」

 

「ああ、あれね。あの人が来た次の日ってなぜか大入りになるじゃない。俺も店出してから3年くらいだけど、多分ここの店の前の常連か何かじゃないのかな?今ではうちの守り神みたいなもんだよ。あっちの人でも嬉しいじゃないか。今でも通ってくれるなんて

 

「・・・・・」

 

こういう店長(マスター)の人柄のおかげか、この不景気でも潰れずに10年以上もその店は営業している。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ