そこの竹を切り倒すと家族が祟られる

竹林

 

これは、友人の体験話。

 

彼は毎年、地元で開かれる夏祭りに参加しているのだが、その祭りでは鬼の役をすることが多いのだそうだ。

 

鬼というのは子供を怖がらせて泣かせる役割で、赤い服と天狗の面を付けて、太い竹の棍棒を持っている。

 

竹は先を細かく割り、地面を叩いて子供を威嚇するのに使うが、ある程度の太さがないと良い音も出ないし、壊れてしまうのも早いという。

 

去年、その竹がついに壊れてしまったということで、今年は新しく切り出して作り直そうということになり、祭り仲間達に良い竹がある場所を聞いてみた。

 

「いつも通り、○○水源地の竹で良いんじゃないか?」

 

「あそこは今どんどん伐採されてるから、太い竹はほとんどないよ」

 

「□□さん宅の竹林は?」

 

「ダメ。工事でこの前、重機入れたから、かなり削られてるし」

 

「ここだけの話、演習場の奥にある竹が、本当に立派で良いんだけどなぁ」

 

「あそこはやめとけ、やめてくれ。撃たれるから」

 

ガヤガヤと半分楽しみながら打合せをしていると、ふと思い出した。

 

「××山にさ、先が行き止まりになっている細い山道があるじゃない?その一番奥のドン詰まりに、目立たないけど竹藪があったよ。あそこの竹はどうかな?確か、結構太かったと思う」

 

最近仕事をした現場近くの竹を思い浮かべながら、そう提案してみる。

 

しかし、昔のことに詳しい幾人かが、渋い顔をして否定した。

 

「あそこのはダメだ。祟るから」

 

口々に、そんなことを言う。

 

聞けば、そこの竹を切り倒すと、切った者には何もないが、その家族に散々悪いことが起こっていたのだそうだ。

 

「死ぬってことはなかったらしいけど、家族に障りがあるのは厭だろ」

 

それはそうだ。

 

彼自身はあまりそういうことは信じていないみたいだが、それでもわざわざ自分から地雷を踏みにいくような性格でもない。

 

結局、ツテを頼って別の竹藪を紹介してもらい、そこの竹を使用したという。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年10月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ