バックミラーに映り続ける奇妙な人影

バックホウ

 

これは、同僚が山奥の現場で工事をしていた時の話です。

 

その日は土を掘削するだけだったので、同僚は一人でバックホウを操作していました。※バックホウ=上の画像を参考

 

その同僚は普段、市街地で道路なんかの現場で作業をしていたので、バックホウのアームを旋回する際には、こまめにバックミラーを確認する癖がありました。

 

そして、何回目かの確認の時に『人影』が見えたので旋回を止めました。

スポンサーリンク

山中で鏡は見ない方がいい

山のオッサンかハイカーが現場に足を踏み入れたのかな?

 

そう思って、ピッピッと警笛を鳴らしました。

 

ところが、バックミラーの人影は、じっとしたまま動こうとしません。

 

もう一度警笛を鳴らし、再度ミラーを覗いたところで気がつきました。

 

どれだけ目を凝らして見ても、その人影の輪郭がハッキリと見えないのです。

 

のちに同僚は当時の状況をこう表現していました。

 

「全身から色んな色の粉を噴いてるみたいで、なんかブワーッてなってるんっすよ!?」

 

絶対に人と違うから死なんやろ、そう思った同僚はアームを勢いよく旋回させたそうです。

 

アームを旋回させると運転席も回転するので、当然ミラーに映る景色も変わります。

 

けれど、その人影はミラーの中心に映ったまま動かないのです。

 

ブワーッとなったまま、どうやらこちらを見ているのです。

 

「ヤバイて!ヤバイて!ヤバイて!」

 

パニックになった同僚はバックホウをグルグルと旋回させるのですが、体を振り向かせる勇気が出ません。

 

なぜならその時、頭のすぐ後ろから子供の声が聞こえていたからです。

 

「死ね死ね死ね死ね死ね死ね・・・」

 

気づけばバックホウが傾きかけたので、我に返って旋回を止めました。

 

ガタン、ガタン、ガタン。

 

三度ほど揺れて、ようやくバックホウは安定しました。

 

どっと緊張が解け、大きくため息をついてフロントガラスに手を付いた同僚はしばらくそのままでいましたが、やがてゆっくりと頭を上げました。

 

すると目の前のフロントガラスには、シワだらけの子供の顔が押し付けられていました。

 

その瞬間、同僚はドアを開けて現場から逃げ出したそうです。

 

ちなみにその日の作業日誌には、『幽霊を見たので作業中止』と書いたそうですが、監督によって差し替えられました。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年11月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ