山中でうっかりの眠りから目覚めた時

犬

 

これは、山梨県の山中で体験した話です。

 

私は狩猟家です。

 

ある日、山でマチをしていた時にうっかり寝てしまいました。※マチとは、獲物が出そうな所でじっと待つこと

 

ふと目が覚めると、目の前に大きな”犬のような生き物”がいます。

 

シェパードくらいの大きさに、獰猛(どうもう)な顔つき。

 

でも、目はじっと私を見ているだけで敵意がありません。

 

「寝ちまったよ。ずっといたのかい?ごめんな、仲間に合流しなくちゃ。お前もご主人が探しているんじゃないの?お先に下りるね」

 

私は座り続けでこわばったケツを揉みほぐしながら、銃を肩に掛けて話しかけました。

 

・・・と、その時、『私には主人はいない。私は私だ。気をつけて帰れ』と、頭の中に声が聞こえました。

 

瞬間、私は動けなくなりました。

 

頭も真っ白です。

 

そのままその犬のような生き物を凝視していると、ゆっくりと笑った後、山の頂へとゆっくり歩き去っていきました。

 

姿が見えなくなってから私は一礼をして、銃から弾倉を抜いてゆっくりと帰りました。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2021年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

【特集】過去の年間ランキング

(2019年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2019年・怖い話ランキング20
(2018年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ