山奥の獣道すら無いような場所にあったもの

林道

 

俺らには洒落にならなかった山でのお話。

 

地元は山に囲まれたところなので、子供の頃はよく探検をしたりして遊んでいた。

 

そんなある日、俺は友人らと山の奥まで探検してみようと、林道をはずれて奥へ奥へと進んだ。

 

迷わないようにと、学校から持ってきた大きなスズランテープを引っ張りながらずんずん歩いた。

 

当然だが平坦な道ではないので、さながら正に探検隊のような気分だ。

 

このまま何処へ出るのかと、俺らはドキドキとワクワクしていた。

スポンサーリンク

もう絶対に行く気はしない

小さな丘のようなところを登りきったあたりで、少し開けた場所に出た。

 

原っぱといった感じか。

 

向こうには大きな岩が見える。

 

とりあえず休憩することにして、水を飲んでお菓子を食べていた。

 

すると、変な物を見つけた。

 

おもちゃだ。

 

当時4年生だった俺らよりも幼い子供が使う感じのおもちゃだ。

 

さらにみんなで辺りを探索すると、ちらほらとミニカーやゴム人形が落ちていた。

 

その時点で、何でこんな山奥の獣道すら無いような場所に?という恐怖があった。

 

すると突然友人の一人が、「おい!」とみんなに声をかけた。

 

彼は何かを指差しており、その先には粘土層をくり貫いて作った祭壇らしきものがあった。

 

そして、その中には『遺影』が飾られていた。

 

みんな一様に息を呑む。

 

その遺影は幼い女の子だと思われた。

 

置かれてから時間が経っているためか、汚れて遠めには分からない。

 

ただ、一目で遺影と分かる装飾がしてあった。

 

その時、今まで穏やかだった周りの木々が一気にイメージを変えた。

 

もう今にも山の奥の暗がりから、何かが覗いていたり飛び出したりしそうだった。

 

走って逃げ出したい気分を抑え、みんなが足早にそこから離れた。

 

俺らは下山するまで生きた心地がしなかった。

 

それからは、その山の林道をはずれて奥に行くようなことはしなくなった。

 

どう行けばそこに辿り着くかは今でも頭の中にあるが、もう絶対に行く気はしない。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


One Response to “山奥の獣道すら無いような場所にあったもの”

  1. 匿名 より:

    怖い話か…?

コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ