ふと気づくと部屋に見知らぬ幼い姉弟

紙とペン

 

これは、私の母が昔に体験した話。

 

母には霊感がほんの少しだけある。

 

祓ったり霊とコンタクトを取ったりは出来ないけれど、母に意識を向けている霊がいれば気配で分かる、そんな感じだそうで。

 

そもそも母は気配に対して鋭敏で、娘の私自身が驚くほど。

 

そんな母の心霊体験談はいくつかあるけれど、そのうちのひとつを。

スポンサーリンク

仲の良い幼い兄妹

母が女子大生だった頃の話なので、30年近くも前のこと。

 

母は当時、H県のM大学の女子寮に住んでいた。

 

部屋は4人部屋で、同じ部屋に各学年の生徒がいたそうで、1~2年生が同部屋の上級生のお世話もするといった感じだったという。

 

それは母が大学2年生の、夏の前期試験が差し迫った頃だった。

 

寮の階段で5歳くらいの男の子と、7歳くらいの女の子が走っているのをちらっと見かけた。

 

その時は、寮母さんの子供かな?と気にかけなかった。

 

前期試験の勉強のために、夜遅くまで寮の部屋で起きていた。

 

同じ部屋の人たちは、研究室だったり他の場所で勉強していたりで、部屋には母しかいなかった。

 

ふと気づくと、部屋に子供たちがいた。

 

子供たちは「お姉ちゃん、遊んで」と、せがんだ。

 

母は寮母さんの子供たちかなと思っていたけれど、あいにく日頃の不勉強のため、そんな余裕はなかった。

 

仕方ないので余った紙とペンを渡したところ、二人は母の机の空いたスペースでお絵描きを始めた。

 

そして気づくと、ペンは残して紙と子供たちは消えていた。

 

寮母さんの子供さんだと思っていた母は何ら疑問を抱かず、寮母さんの元に帰って行ったんだな、くらいにしか思わなかったという。

 

子供たちはその後も何度かやって来て、その度にお絵描きをしていった。

 

ただ、子供たちは母以外の人が部屋で起きている時には来ず、母以外の人が寝ていたり不在だったりの時にのみ来た。

 

しばらくして本格的に試験勉強に追われてきた頃、子供たちが再びやって来た。

 

いつも通りペンと紙を渡し、子供たちはお絵描きを始めた。

 

母曰く、子供たちは仲の良い姉弟だったという。

 

子供たちをほっといて母は勉強をしていたが、さすがに普段は行儀の良い子供たちもお絵描きに飽きたらしく、「お姉ちゃん、遊びに行こうよ」と言った。

 

その時、母の机の横側、本来は白い壁があるはずのところには壁がなく、ぽっかりとした黒い空間が開いていた。

 

女の子はそこを指で差して母にそう言ったという。

 

母はそこに空間があることには不思議と疑問を抱かなかったが、試験勉強で尻に火がついていた為、「ごめんね、勉強しなきゃいけないから行けない。行きたいなら二人で遊んでおいで」と返した。

 

そして気づくと二人はいなくなっており、それ以降は二度と母の前に現れることはなかった。

 

母は「試験勉強に助けられたわ~」と笑いながら、そんな話を私にした。

 

・・・なので、私は幾つか疑問を投げた。

 

「子供たちは霊だったの?」

 

おそらくそうね。ただ悪意は感じられなかったし、本当に単に遊んでほしかったんだろうね」

 

「黒い空間には疑問を抱かなかったの?」

 

「不思議と何もね。例えば机が存在する、それくらいの認識で空間を認識していたと思う。後から思い出して怖くなったけどね」

 

「その黒い空間って何?」

 

「これは推測だけど、あっち側。たぶん行ったら戻って来れなかったかもね

 

「子供たちのことは友人や寮母さんに言わなかったの?」

 

「友人には少しだけ。寮母さんって子供いたっけ?どうだっけ?くらいの会話しか。後々寮母さんに聞いてみたら、そもそも子供はいなかったって」

 

「子供たちの質感とか違和感は?」

 

「違和感はなかったかな」

 

「寮の勉強机は狭いはずなのに、勉強で教科書とか広げていたなら尚更お絵描きするスペースはないんじゃないの?」

 

「その通りね。でもね、おかしなことに子供たちがいる間は、まるで机や空間が拡張していたかのようにスペースがあったのよ。ただ違和感を感じたことはなかったけどね」

 

ちなみに、母のほんの少しだけの霊感は、私も身近で何度か見たことがある。

 

母は、事故で誰かが亡くなった数時間内に近い場所を通ると肩が重くなり、そこから離れると軽くなるという。

 

習い事のお迎えに来てもらった帰り道に、何度か「肩が重い。誰か死んだな」と言うことがあった。

 

決まって翌日、近くで事故死があったという記事が地方紙に小さく載っていた。

 

それは車に撥ねられたお婆さんだったり、トレーラーの巻き込み事故で犠牲になった女の子だったり。

 

他にも、大抵の人は突然部屋に知らない子供が現れたらビックリするだろうけど、母は気配に敏感だから、背中を向けていても「誰かいる」ということを察知できるそうで。

 

だからビックリしないとか。

 

私は幼い頃、よく母を驚かそうと足音を立てずに近づいても、意識を母に向けている限りドア一枚隔てていても、「○○(私)、なんでコソコソしてるの?」と見破られてしまっていた。

 

私はそんな母から、「心霊スポットには絶対に行かないように。近づいて嫌な感じがした場所にも近づかないように」と言われて育ったので、それを破る気は成人した今でもない。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ