碑に足蹴、塚に小便をかけた悪友の数日後

経塚

 

これは、私の同級生から聞いた話。

 

登山部で一緒に活動していた時に、こんな話を教えてくれた。

 

彼の地元には、『経塚』と呼ばれる塚がある。※経塚(きょうづか)とは、経典を土中に埋納した塚のこと。

 

高校生の頃、そこの碑に悪さをした悪友がいたという。

スポンサーリンク

その山の近くで死んではいけない

昔から祟りがあると言われていた曰く付きの場所だったので、かえって悪戯心をそそられてしまったらしい。

 

碑を足蹴にし、塚に立ち小便をかけたのだと。

 

仲間は皆「祟りがあるぞ!」と注意したが、悪友はまったく聞く耳を持たなかった。

 

程なくして、件の悪友は”帰らぬ人”となった。

 

交通事故だったらしいが、「祟りじゃないのか?」という噂が流れたそうだ。

 

はたして祟りかどうかは不明だが、皆その塚を避けるようになったという。

 

目撃談が語られ出したのは、それからしばらく後のことだった。

 

その山の付近を歩いていたパーティの中に、死んだはずの悪友がいたというのだ。

 

曰く、最後尾を俯いて歩いていたが、向こうの景色が透けていた。

 

曰く、すれ違った集団の最後に付いていたので思わず振り返ったが、もう背後には誰の姿も見えなかった。

 

曰く、前を歩いていたパーティに見覚えのある後ろ姿を見つけたので思わず追いかけたが、どんなに足を速めても追いつくことが出来ずに見えなくなった。

 

調べたところ、過去その山では狂い死にした者が続出したことがあったという。

 

なぜ狂ったかの理由は伝えられていない。

 

その死者たちを鎮めるために造られたのが件の塚で、経塚も元々は『狂塚』と書いていたのだとか。

 

昔は、その山の近くで死んではいけない、死にたくない、と皆が言っていたそうだ。

 

そこで死んでしまったら、“狂いミサキに連れて行かれる”のだと。

 

今は別の登山道が使われるようになり、その塚の場所を知っている者も数少なくなっている。

 

「知っていても行かないけどな」

 

彼は話をそう締めくくった。

 

※参考

この話にある塚の場所を調べたところ、おそらく『広島県三原市』だと思います。※管理人より

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ