富士の樹海を彷徨って

業に失敗し、負債を抱えてしまった。

 

決して返せない額ではなかったが、

すっかり気力を無くし、死に場所を求めて

富士の樹海を彷徨っていた。

 

何時間も歩き続けて、いつの間にか

夜になっていた。

 

ふと、人の声が聞こえた。

 

周りを見ると、ぼんやりとした人影達が

そこかしこにいた。

 

不思議と怖いとは思わなかった。

 

ただ漠然と『こんなに居るのか・・・』

とは思った。

 

相変わらず周りからはボソボソと、

声が聞こえる。

 

最初は何を言っているのか分からなかったが、

徐々にはっきりと聞こえるようになった。

 

「止めておけ」

「引き返した方がいい」

「何もこんな所で死ぬことはない」

 

すると、足元に違和感を感じた。

 

見てみると、腐敗した死体を踏んでいた。

死体の頭がこちらの方を振り向いた。

 

「分かるでしょう?

ここは人の死ぬ場所じゃない。

死んだ所で何処にもいけない。

ずっと此処から出られない。

正直、後悔しているわ・・・」

 

もはや性別すら分からなくなった死体は、

女性の声でそう言った。

 

その後の事はよく覚えていない。

気がついたら樹海の外にいた。

あれが現実だったのかも分からない。

 

「ただあの後、もう一度やり直す事は出来た」

 

そう言って、父は私の頭を撫でてくれました。

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ