妙な小学校の用務員さん

小学校の時、用務員さんが急病で、

1度だけ代理の人が来た。

 

あまり長くは居なかったけど、

まあ普通のおじさん。

 

ただ妙だったのは、すべての女子に

「ヨリコちゃん」と話しかける。

 

「ああヨリコちゃん、気をつけてね、

じゃあね」

 

『違うよー、あたしカナ』

 

「ヨリコちゃん、元気ないね」

 

『あたしはメグミ』

 

気になって周りの友達や兄弟に聞いたが、

どの学年にも、どのクラスにも、

ヨリコなんて女子はいなかった。

 

まあいいやといい加減慣れだした頃、

あの用務員さんがプールの掃除をしていた。

 

様子が変だった。

 

プールの排水溝に顔をくっ付けて、

何か喋っている。

 

そして風向きが変わった瞬間、

おじさんが喋っていた言葉が聞こえた。

 

「ああ、ヨリコちゃんヨリコちゃん、

代わりがいれば出られるよ。ヨリコちゃん」

 

俺は走って逃げた。

 

それからしばらくして、元の用務員さんが

学校に戻って来て、その人はいなくなった。

 

その後は知らない。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③

アクセスランキング

このページの先頭へ