「また人喰い石にやられたか・・・」

石

 

これは、同僚が体験した奇妙な話。

 

ある日、地元の山で行方不明者が出た。

 

消防団に所属していた彼も、捜索に参加した。

 

しかし同日の夕刻、残念ながら不明者は遺体で見つかった。

 

人が入らぬ森の外れで、大きな石の上にうつ伏せとなっていた。

 

まるで、石に抱きついてそのまま死んだ、ように見えたという。

 

別の分団よりその知らせが届くと、年長の先輩が顔を歪めた。

 

「また人喰い石にやられたか・・・」

 

どうやらその石は、地元ではそこそこ有名な代物のようだった。

 

曰く、その近くで遭難した者は、大抵その石に抱きついて亡くなっているのだと。

 

それからしばらくは、石は人肌くらいに温かくなっていると聞く。

 

死んだ人の体温を吸い取ったかのように。

 

だから『人喰い石』と呼ばれている。

 

案内してくれよと話を振ったところ、彼は顔をしかめて「行きたくねぇ」とだけ答えた。

 

殺生石(せっしょうせき)|参考

昔の人々が「生き物を殺す石」だと信じたことからその名がある。(Wikipediaより引用)

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年10月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ