とある山小屋の風習

中学の時の、

社会科の女先生の実話。

 

先生は山が好きで、

 

ある年、春休みを利用して

一人で登山に行った。

 

途中の山小屋で、

一夜を過ごすことになった。

 

小屋の管理人のおじさんが

とてもいい人で、

 

山の幸を使った

料理とお酒を堪能した。

 

就寝前にトイレに行こうとすると、

おじさんが、

 

「ここの便所には神さんがおる。

 

すまんが・・・

トイレに入ってから出るまで、

 

ずっと便器の中にいる

神さんを見ててくれ。

 

それがここの風習なんだ」

 

と言う。

 

先生は言われた通りに

用を足した。

 

就寝中、

 

酒を飲みすぎたのか、

またトイレに行きたくなった。

 

また、便器の中を見ながら

用を足す。

 

ふと、用を足した満足感から、

 

視線を神さんから外し、

上を見上げてしまった。

 

そこには、

女の顔が浮いていた。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ