川に漂っていた黒くて小さな壺の中から

川

 

これは子供の頃、家族で渓流へ遊びに行った時の話。

 

鮎を釣る算段をする親から離れて、妹と二人で川に入って遊んでいた。

 

「お兄ちゃーん」

 

妹が僕を呼ぶと、目の前の水面を指差した。

 

そこには、どこから流れてきた物か、『黒い小さな壺』が漂っている。

 

興味を引かれて手を伸ばすと、壺の中から何かが滑り出るのが見えた。

 

とても小さな、でもズルリと長い、黒い毛に覆われた”獣の手”。

 

伸ばした手に痛みが走った。

 

引っ掻かれたと気が付き、パッと手を引っ込める。

 

傷口を押さえて後ずさる僕の耳に、「フゥーッ!」と唸るような声が聞こえた。

 

そして壺の口がこちらを向いて、緑に光る二つの点が覗いている。

 

立ち竦む僕を残して、壺はそのまま下流に流されていった。

 

後日、その川で漁をしている叔父にこの話をしてみた。

 

「ほう川壺に出会ったか。しかし運が良かったな。あちらが腹を減らしていたら尻子玉抜かれてたかもしれん」

 

※尻子玉(しりこだま)|参考

肛門の所にあると考えられた玉。 河童(かっぱ)が好んで抜くといわれたもの。

 

そう言うと、叔父は僕の父に向かってこう注意した。

 

「次からは、もう少し下った所の原を使えや。あそこなら何も出ん」

 

あの時の僕って、実は危なかった!?

 

それからしばらくの間、僕は夢に出てくる小さな壺にうなされた。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ