「昔馴染みだ、気にするな」

河童

 

これは、知り合いの体験話。

 

まだ幼い彼が、実家に里帰りをしていた時のこと。

 

父親と里山を散歩していると、川に小さな橋が架かっている場所に出た。

 

街の川とは違い、魚の影が濃いことに興奮して、川面を一生懸命に覗き込んでいた。

 

そんな彼の様子を、父親はすぐ背後から見守っていた。

 

…と、いきなり父親は「おーい!」と大声を上げ、上流の方へ手を振り始める。

 

目を向けると、誰かが川から上半身を出していて、やはりこちらへ手を振っていた。

 

同い年くらいの子供に見えたが、頭も腕も真っ黒で、表情などは見えない。

 

ただ赤い口だけが、パカリと開いているのが見てとれた。

 

彼が目を凝らそうとすると、すぐにソイツは水の中に姿を消したという。

 

「今の誰?どこの子なの?」

 

そう尋ねると父親は、「昔馴染みだ、気にするな」とだけ口にした。

 

実家へ帰ってから祖母にこの話をすると、「あの子はよく河童と遊んでいたからねぇ」と、懐かしそうに言われたそうな。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年10月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ