その谷地では言葉を喋ってはならない

山村

 

彼の実家があった山村には、おかしな掟があった。

 

「○○谷地では言葉を喋ってはならない」というものだ。

 

なぜなら、その谷地には『ヤツシ』が隠れ潜んでいるからだと。

 

ヤツシとは、山奥に住む猿のような物の怪で、時折人里近くに下りてくるという。

 

ヤツシは人の会話を盗み聞くうちに、それを習得してしまう。

 

言葉を覚えてしまうと知恵がつき、やがて村人に取って代わろうと願うようになる。

 

そして山に入った者を食い殺し、その姿に化けて村に入り込む。

 

そう言われていたのだそうだ。

 

すり替わったヤツシは自分が物の怪であったことすら忘れ、その人物に成りきる。

 

それが死んでから焼き場で焼かれた後、燃え残った大量の和毛が釜から出てきて初めて、「あぁ、この人はヤツシにすり替わっていたのだな」と気が付くのだと。

 

「もしかしたら俺、物の怪の血を引いていたりしてな」

 

彼はニヤリと笑ってそう言った。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年9月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ