しばらくは夢を見るのが怖かったワケ

布団

 

幼い頃に“不気味な夢”を見たことがある、と言う彼。

 

内容はこう。

 

いつも通り友達らと遊んでいると、遊び場の裏手の山から女が下りてきた。

 

女は友達らの内二人の手を掴むと、そのまま山へ連れ去ってしまう。

 

何故か皆逆らわず、黙って静かにそれを見送った。

 

しばらくすると、シャツを血で染めた友達が一人だけ帰ってきた。

 

耳が片方千切り取られて、そこから流れた血がシャツを濡らしていた。

 

そこで目が覚めた、そう彼は言う。

 

数日後、その裏山が一部崩落し、遊んでいた子供達が巻き込まれる事故が起きた。

 

運悪く土砂に埋もれたのは、彼が夢で見た二人だった。

 

大人たちに救助されたものの、一人は残念ながら亡くなった。

 

亡くなったのは、夢の中で山から帰って来なかったの方の友達。

 

もう一人は命こそ取り留めたが、片側の耳が聞こえなくなってしまった。

 

そんなことがあってから、しばらくは夢を見るのが怖かったそうだ。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ