越冬の白鳥が避けた理由

俺の兄貴が高校生の頃の話。

(確か2年だったかな)

 

当時住んでいた場所が東北の方で、

毎年冬になると白鳥が越冬しに来る

川があったんだ。

 

ある年、兄貴はバイトで、

その川に越冬しに来た白鳥の飛来数を

数えるバイトやってて、

 

確か週末を利用したバイト

だったらしいんだけど、

 

朝が早いから川の近くに

仮設住宅みたいのがあって、

 

前日の夜はそこに寝泊りして

次の日の早朝から仕事をする、

 

みたいなシステムだったらしい。

 

日の出とともに調査を開始する

らしいんだけど、

 

初日の朝に少し早く目が覚めて、

近くのコンビニまで朝飯を買いに

行こうと思って、

 

一人で着替えて外に出たんだって。

 

まだ真っ暗な川べりを雪明りを頼りに

テチテチ歩いて行くと、

 

不自然な事に気がついたんだって。

 

その川には用途不明の桟橋があって、

毎年白鳥たちはその桟橋を中心として

集まっているらしいんだけど、

 

その日は白鳥が桟橋から離れて

集まってたんだって。

 

不思議に思って桟橋に近づいてみると、

その日はよっぽど寒かったのか、

 

桟橋の周りの流れが無くなっている水面に、

氷が張ってたんだって。

 

兄貴がその氷を見ていると、

桟橋の右側の氷に大きな穴が開いていて、

 

よーく目を凝らしてみると、

子供が溺れてバタバタもがいてたんだって。

 

「きっと氷の上に乗ろうとして、

氷が割れて落ちたんだろう」

 

と兄貴は思ったらしく、

 

その桟橋まで走って行って

子供を助けようと、

 

真冬の川に飛び込んだんだって。

(本当に馬鹿な兄貴だよ)

 

桟橋の近くだから足が着くと思って

やったらしいんだけど、

 

それが普通に深くて、

兄貴の方が溺れかけたらしいのよ。

 

すぐに子供を助けようと探したんだけど、

その子供が何処にもいないのよ。

 

寒さが尋常じゃ無かったから、

すぐに桟橋の上に戻って、

 

もう一度、川を見てみたんだけど、

氷には自分の落ちた穴しか無くなっている。

 

「おかしい!確かに子供が・・・」

 

そこまで思って、

兄貴はドキッとしたんだ。

 

見えるはず無いんだよね。

 

日の出の前の、かろうじて

道がわかる程度の明かりの中じゃ、

 

誰かが溺れてても子供だなんて、

はっきりはわからない。

 

それ以前に、真冬のそんな朝早くに、

子供がいるわけないんだって。

 

そのあと兄貴は風邪ひいて、

バイトはキャンセル。

 

散々な週末になったらしい。

 

後で兄貴がそのバイトしている

先輩に聞いたらしいんだけど、

 

結構前にその桟橋から子供が落ちて、

死んでいたらしい。

 

兄貴は「俺って寒いよなw」

とか言って笑ってたけど、

 

それは笑える話じゃねぇよ兄貴・・・

って思った。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③

アクセスランキング

このページの先頭へ