池の中央で必死の形相で手を振る子供

池

 

これは、友人が体験した怪異話。

 

山中の野池へ、仲間と二人でバス釣りに出かけた。

 

ボートを出して池の中ほどで楽しんでいると、視界の外れで動く影がある。

 

子供が溺れていた。

 

必死の形相で手を振っている。

 

「おい、アレ!?」

 

ツレもそれに気が付き、慌ててボートをそちらに回す。

 

エンジン全開で水上を走り、子供まであと少しという所で…。

 

“ドン!”という衝撃が船底を襲い、二人してボートの外に投げ出された。

 

ボートは浅い砂洲に乗り上げていた。

 

一瞬溺れるかと焦ったが、足が水底に着くことを確認して落ち着く。

 

なんとか立ち上がってみると、水は脛下(すねした)までの深さしかなかった。

 

「大丈夫か?」というツレの声で我に返り、子供の方に目を向けた。

 

ついさっきまで、そこで足掻いていたはずの姿がどこにもない。

 

水面は凪いでいて、浅い底が透けて見えていた。

 

冷静になってみると、色々とおかしな点に気が付き、ツレに確認する。

 

「そういえばさ、お前はあの子の悲鳴っていうか声、聞こえた?」

 

「あ、あぁ、誰の声も聞こえてなかったかも」

 

「今思えば、水がバシャバシャ跳ねる音も全然聞いてないんだよね」

 

「・・・・・・」

 

「今見たの、まともな子じゃないぞ!」

 

必死でボートを深瀬に押しやり、そこから逃げ出した。

 

岸に這い上ると、その日はそこで終わることにする。

 

その後しばらく、その野池には近寄らなかったそうだ。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年9月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ