カーテンを開けて見たもの

俺は窓を少しだけ開けておくのが好きでね。

 

寒さが厳しい季節以外は、

大体10センチくらい開けておく。

 

まあ単純に、外の音とか臭いが

好きだからなんだけど。

 

あの時も、いつも通り

窓を少しだけ開けてテレビを見てた。

 

春先だったから時々、

生温い風が入ってきた。

 

カーテンがヒラヒラ揺れてね。

 

午前1時過ぎのこと。

 

どこか遠くで猫が鳴き出した。

春の風物詩。

 

発情期の猫は、わりと野太い声で鳴く。

 

唸るように。

絞り出すように。

 

当時、俺が住んでたのは

ワンルームマンションの2階で、

 

建物の向こうには、小さな畑を挟んで

深い森が広がっていた。

 

とは言っても、

 

別に嫌な感じがするような

森ではなくてね、

 

風に吹かれてゆっくりと揺れる

木々を見ていると、

 

不思議と心が落ち着いた。

 

ふと気がつくと、猫の鳴き声が

徐々に近づいてきていた。

 

よっぽど発情してるのか、 

かなりドスの利いた、

低くて重たい鳴き声だった。

 

テレビの画面では見たことのない芸人が、

笑えないコントを続けていた。

 

まるで、取って付けたような客の笑いが、

空々しく響き渡っていた。

 

少し眠たくなる。

 

『あ゙あ゙あ゙あ゙ぁぁぅ・・・』

 

一瞬、身体がビクリと硬直した。

 

猫だ。 

猫が窓のすぐ外で鳴いている。

 

いや、ちょっと待てよ。

このマンションにはベランダが無い。

 

窓の外には、アルミ製の

手すりがあるだけだ。

 

おまけに、

ここは2階じゃないか。

 

『おあ゙あ゙あ゙あ゙ぁぉぉぉ・・・』

 

いや、これは猫の声じゃない。

人だ。人間の声だ。

 

そう思った瞬間、

全身に鳥肌が立った。

 

あまりの緊張感で身体が動かない。

 

俺はありったけの勇気を振り絞り、

窓の方に目をやった。

 

誰かが、そこにいる。 

カーテンは微動だにしていなかった。

 

テレビのスピーカーから、

空虚な笑い声が響いた。

 

部屋の空気がピタリと動きを止めた。

 

『あ゙あ゙ぁ・・・』

「誰だ!」

 

とっさに俺は立ち上がって

窓際に走り寄ると、

 

力任せにカーテンを開けた。

 

目が合った。

 

窓のすぐ外にいたあいつと、

わずか30センチの至近距離で

目が合ってしまった。

 

それは生きた人間の目ではなかった。

ライチのようなドロリとした質感をしていた。

 

「・・・ぃぃぃぁぁあああ」

 

俺は口を大きく開け、

まるで猫のような甲高い声を

上げていた。

 

その間も、目を逸らすことが

出来なかった。

 

身体は凍りつき、

両手が大きく震えた。

 

恐いなんてものじゃない。

あれは絶対に見てはいけないものだった。

 

数秒後、俺は腰から砕けるように、

後ろに倒れた。

 

硬直した右手で掴んでいたカーテンが、

バチバチと大きな音を立てて外れた。

 

目覚めると朝だった。

 

窓の外には気持ちの良い青空が

広がっていた。

 

俺の右手にはまだカーテンが

しっかりと握り締められていて、

 

一方のカーテンの端がかろうじて、

カーテンレールに引っかかっていた。

 

後日談。

 

大家の話では、その数年前、

マンションの前の森で首吊り自殺が

あったらしい。

 

首を吊ったのは20代の女性で、

失恋を苦にしての自殺だったそうだ。

 

新聞にも載ったのだという。

 

俺が引っ越して来る直前の

出来事だったようだ。

 

なるほど。

 

世の中いろんなことがある。

時には想像を絶する恐怖も。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③

アクセスランキング

このページの先頭へ