何をやってもダメになった土地の因縁話

更地

 

これは、うちの近所の忌み地にまつわる話。

 

この間まで空き地だった場所に、何かの営業所が建った。

 

去年94歳で死んだ爺さんが言っていたが、ここは『良くない土地』らしい。

 

曰く、爺さんがまだ20代の頃、そこには普通の農家があったそうだが、何かの事情で借金をしてしまい、それが払えなくなって困窮したそうだ。

 

そこに目を付けた、ここら辺の地主オヤジ(悪徳不動産業者)が二束三文で買取り、住人を叩き出して我が物にしてしまった。

 

この地主オヤジは鬼のように血も涙もなく、あっという間に住んでいた家族を追い出した。

 

次に住む家が見つかるまで少し待っててくれと懇願されても、有無も言わさず家を叩き壊した。

 

そして潰した家の上にそのまま土を被せて埋めてしまい、たった1日で更地にしてしまった。

 

なので、鍋釜や家財道具、先人の位牌など、一切合切があの下に今も埋まっている。

 

その後、追い出された住人の家長は近所の木で首を吊り、他の家族の者は行き先不明になった。

 

今となっては知っている人は僅かしかいないが、あそこは人を泣かせてブン取った土地なのだ。

 

そんなことはお構いなしに、不動産屋は強気の高値で売りに出していた。

 

地元民はもちろん誰も手を出さなかったが、因縁を知らないよそ者が何度か借りたようだ。

 

「でもなぁ、何やってもダメになった。だからもう何十年も放ってあるんだ。因業地主め、儲け損ねて困っているべ」とのことだった。

 

そんな因業地主も死に、代替わりをして数年が経つ。

 

ただ、その地主家庭にも妙な因縁話がある。

 

件の土地は道路沿いにあって広く、また日当たりも良いから売れたのだろう。

 

この先どうなるか、見守るとしよう。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ