ある物件の入居者からの苦情

押入れ

 

ある物件の入居者より、

苦情の電話。

 

隣の部屋から毎晩のように

ブツブツと声が聞こえるので、

 

気持ちが悪いとの事。

 

通常、騒音や苦情の類は

うるさいというのが殆どだが、

 

今回は『気持ちが悪い』だった。

 

件の部屋に行くと、

玄関入り口には盛り塩と御札。

 

盛り塩はたまにあるが、

御札は初めて。

 

結局は当人に会えなかったので、

手紙を置いて退散。(居留守)

 

後日電話にて接触でき、

話しを聞く事が出来た。

 

契約者は20代前半の女性(A子)で、

一人暮らし。

 

話しの内容は、

 

部屋には何か邪悪な念が

寄って来ているなど、

 

かなりメンヘラ気味。

 

メンヘラ(はてなキーワード)

心の病気を患った人」を指すネットスラングです。 「精神疾患・精神障害を持つ人」という意味。 「メンタルヘルス」(心の健康)という言葉が匿名掲示板の2ちゃんねるなどで「メンヘル」と略されるようになり、さらにそれに -er 形がついて「メンヘラ」という言葉が生まれた。

 

A子「私は悪くない。

あいつらが悪い」

 

「具体的にあいつらとは誰ですか?」

 

小1時間程じっくり話しをしても、

核心の部分では話が噛み合わない。

 

とにかく深夜は静かにしてくれと説得し、

本人は渋々ながら了承した。

 

その後、隣人に連絡して状況を聞くと、

注意後は静かになったとの事。

 

そんな事も忘れかけた一ヶ月程過ぎた頃、

A子さんからの家賃の入金が無い。

 

過去の支払い状況は、

きちんと月末には入金されていたので、

 

嫌な予感がした。

 

とりあえず部屋を見に行ってみる。

 

玄関扉のメール入れより、

室内のニオイを嗅いでみる。

 

(ヤバそうな督促訪問は必ずします)

 

出来れば嗅ぎたくないニオイ。

 

会社に戻り、

保証人に連絡するが、

 

電話は不通だった。

 

当然、本人も不通。

 

鍵を持ってA子さんの部屋へ。

 

マスクに手袋と防虫スプレー片手に、

恐る恐る入室。

 

入室すると、

大量のハエと強烈なニオイが襲って来た。

 

しかも、室内は異様でした。

 

室内は壁の至る所に、

 

御札や梵字みたいな文字などが

書かれていました。

 

※梵字(ぼんじ)

梵字とは、仏教の伝来と共にインドから伝わった悉曇(しったん)文字を指す。

梵字

(梵字)

 

天井部分にも御札や文字があり、

まるで異空間。

 

壁は猫が引っ掻いたような傷が多数。

 

遺体を捜すが室内に無い。

 

風呂場にも無い。

 

トイレにも無い。

 

おかしいなぁと押入れを開けると、

そこにありました。

 

とりあえず警察に連絡。

 

簡単な事情聴取後に、

遺体は引き上げてもらう。

 

死後、約一ヶ月。

 

後日の警察発表によると、

死因は心臓発作らしい。

 

発作後に苦しくなり、

押入れに入ったんじゃないか、

 

との事。

 

外傷は無く、

事件性は無かった。

 

部屋の異常さから、

自殺の線でも調べたそうです。

 

室内には特に薬関係など無く、

状況的に自殺では無いとの事。

 

一ヶ月といえば、

ちょうど電話をした時期。

 

複雑な心境でした。

 

『死因は本当に心臓発作なのか』

『なぜ押入れに入ったのか』

 

今では何も分かりませんが、

ただ・・・

 

押し入れの襖が両方きちんと

閉められていたのが、

 

最大の謎となりました。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ