査定がてら訪問したお宅にて

ランドセル

 

これは、不動産屋に勤めていた時の話。

 

「家を売りたい」という話が来たので、査定がてら訪問へ。

 

ただ、玄関先にゴミが置いてあったり、庭木が好き放題になっていたりして、一見して手の入っていない荒れた家だった。

 

呼び鈴を押すと、庭先から6才くらいの女の子が覗き込み、私と目が合うと急いで逃げ出した。

スポンサーリンク

心優しい女の子は実は・・・

中に入ると、外と同じようにあちこちにゴミや服が散乱していて、さらにキッチンには酒瓶がゴロゴロ転がっていた。

 

そんな中で、出窓に置いてある『真っ赤なランドセルと黄色い帽子』だけが、やけに浮いていた。

 

家の所有者の男性は30代後半くらい。

 

酒臭く、風呂にも入っていないのか、酷い臭いだった。

 

話を聞いていると、どうも奥さんに逃げられたらしく、奥さんへの愚痴が大半。

 

了解を取り、各部屋を見るために2階への階段を上がろうとすると、上からさっきの女の子が覗き込んで「パパ、大丈夫だった?」と聞いた。

 

何が大丈夫なのかは分からなかったが、とりあえず「大丈夫だよ」と答えた。

 

すると安心したように、「よかった。パパ元気なかったから心配だったの」と、にっこり笑った。

 

「お部屋、見せてくれる?」と聞くと大きく頷いて、そのまま廊下をパタパタと走っていき、部屋に入った音がした。

 

私も2階に上がり、女の子が入った部屋を開けると、そこは他の部屋とは違い、いかにも女の子の部屋らしく、またゴミ一つなく綺麗だった。

 

あんな父親でも子供の部屋だけは汚さないんだな、と妙に感心した。

 

その部屋ともう一つ繋がった部屋があり、そちらにはもっと小さな子供の物が置いてあった。

 

あの父親が子供二人の世話をしているのか?

 

不思議に思い、女の子に話を聞こうとしたが、さっきの女の子はその部屋から別の部屋へ行ったのか、姿が見えなかった。

 

一通り見た後に1階へ戻り、ご主人と再度話をした。

 

その時にふと「子どもさんはお二人ですか?」と聞くと、「ああ。下は嫁が連れて帰ったんです。上のは位牌を持っていかれたのでアレが位牌代わりです」と、出窓に置いてあるランドセルと黄色い帽子を指差した

 

その後も少し話を聞いたが、小学校に上がる直前に娘さんが事故で亡くなり、奥さんは精神を病んで下の子を連れて実家に戻り、ご主人は酒びたりになったという。

 

あの時に見た女の子は、そんな父親が心配で成仏できないんじゃないか、そう思った一件だった。

 

あとがき

女の子が透けて見えたとか、表情が暗いとか、そういったことは全くなく、ごく普通に見えた。

余談だが、私がまだ不動産業界にいた頃は、売りに出される物件で荒れている人というのは、ほぼ嫁に逃げられたご主人が売主だった。

 

それもまた別の意味で怖い。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2021年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

【特集】過去の年間ランキング

(2019年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2019年・怖い話ランキング20
(2018年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ