渓流釣りの最中に感じた嫌なもの

渓流

 

私は、北東北のある町に住んでいます。

 

渓流釣りが好きで、シーズンになると毎週のように釣りに出かけます。

 

元々周りが山深いので、車で30分も走ると、町を流れる川の源流部に到着します。

 

家屋等はなく、荒れた山道があるだけで、その周囲を釣り場にしていました。

スポンサーリンク

あの感触は魚だったのか?

その日は魚の食いが悪く、イワナがまったく釣れませんでした。

 

少し場所を変えようと思って1キロほど上流まで歩くと、大きな淵に突き当たりました。

 

いつも通っている道のすぐ脇なのに、今まで気が付かなかったのが不思議でした。

 

が、両側を見上げるような深い岩と木々に囲まれたそこは薄暗く、しんと静まり返っています。

 

ちょうど大きな釜の底のような場所で、いかにも大物が居付きそうな深い淵になっていました。

 

釣り人に踏み荒らされた跡もないのを幸いに、すぐさま竿とエサをセットし、1投目を淵の流れに投げ入れてみました。

 

「・・・ごにゅごにょ・・・・だ・・」

 

「えっ!?」

 

誰かに小声で後ろから声をかけられたのです。

 

正確には、耳元で確かに誰かの語る声が聞こえたのです。

 

淵の岩場の上に誰か別の釣り人が来たのかと思いましたが、下草の生えた場所なので、音を立てずに周囲に来ることなど到底無理なはずでした。

 

現に、その時はサワサワという水音しか聞こえません。

 

何かゾクッとしたものを感じたのですが、気が付くと投げ入れた仕掛けが何かに根掛かりし、仕掛けを切る羽目になってしまいました。

 

なかなか仕掛けを失うなんてヘマはしないのですが、その時はそれが悔しくて、声のことはすぐに忘れて再び仕掛けとエサをセットし、淵に流しました。

 

そして流して数秒後、クンッとした手応え。

 

「アタリがキタか!」と思った瞬間、糸がズリッと水中に引き込まれ、ポキリと竿の先の10センチ程が見事に折れてしまいました。

 

カーボン製の普通の渓流竿でしたが、シーズン中はずっと使っていた物です。

 

「ぶつけたわけでもないのに・・・というか1万円もしたのに・・・」と、思考停止状態で唖然としました。

 

予備の竿先も持って来ておらず(通常そんなに折れるものではない)、何か嫌な予感がしたので、結局その場所での釣りを諦めて竿をたたみました。

 

そして岩場の横を登って山道に戻ろうとした時、目に入ってきたのは『古い石で出来た石碑のような石が数個積み重なって蔦に覆われている光景』でした。

 

「何かいわくのある場所なのか?」と、その後に釣り仲間の誰に聞いても分かりませんでした。

 

そもそもあの竿が折れた時の、違和感のある感触は魚だったのか・・・。

 

その出来事以来、直感で「嫌だな」と思う場所での釣りは控えるようにしています。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ