猪を轢いてしまった日の不思議な出来事

丸太

 

これは、ばあちゃんから聞いた不思議な体験話。

 

昔、じいちゃんが少し若い頃、山仕事が終わって軽トラでの帰り道でのこと。

 

早く家に帰って酒を飲みたかったらしく、かなり無茶な運転をしていたらしい。

 

その時、猪を轢いてしまったそうな。

 

もちろん車はボコボコに…。

 

猪の方はといえば、あまり大きくなかったこともあり、吹っ飛んで気絶していた。

 

ぶつかった衝撃も何のその、生まれてからずっと生粋の山っ子のじいちゃんは、すかさず鉈を取り出して…。(想像にお任せします)

 

ある程度作業を終えると、ボロボロになった軽トラの荷台に猪を乗せ、意気揚々と家に帰った。

 

すると、庭にはすでに肉切り包丁や新聞紙など、獲物を”捌く”準備が整っていた。

 

当然、この時代に携帯なんてものがあるわけなく、じいちゃんも「なんでや?」と首を傾げていると、ばあちゃんがこう言う。

 

「夕方、庭にそれは大きな猪が穴を掘りに来た。

 

ひとしきり穴を掘った後、何事かと見ていた私をじっと見つめると、一声高く鳴いて山に帰っていった。

 

それはそれは大きな猪だったから、きっと山の使いに違いない。

 

だから今日はあんたが狸かなんか持って帰って来ると思ったから用意しといたってわけ

 

じいちゃんもこれに驚く…わけでもなく、二人で「不思議なこともあるもんだ」と有難く美味しく食べたそうな。

 

それ以降うちの家では、食べた動物の供養は今でもその穴の付近にしてある。

 

信心深いのか深くないのか…。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年10月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ