虫の知らせって本当にあるのかな

割れた茶碗

 

これは、『虫の知らせ』って本当にあるのかな?と思うようになった体験話。

 

一度目は、会社員3年目の時だった。

 

その日は久しぶりの休みで、でも疲れすぎて掃除も洗濯も食事もできなくて、日中にもかかわらずベッドでダウンしていた。

 

ウトウトしたり、意識がはっきりしても体がだるくて動く気力がなく、また眠気が…の繰り返し。

 

そんな時、なんだか焦げ臭いニオイを感じた。

 

「ヤバい、火事か!?」

 

以前にも実家からの救援物資の芋を茹でている最中に、寝落ちして炭化させた前科があったので飛び起きた。

 

「ここ賃貸!敷金!」などと考えた瞬間、一気に覚醒した。

 

煙は見えない。

 

キッチンもリビングも浴室もトイレもベランダもクリア。

 

でも、なんだか煙のニオイがする。

 

それに何か変な感じもする。

 

妙に周囲が静かというか、妙な緊張感があるというか…。

 

例えるなら、演奏前のオーケストラが拍手の後、じっと指揮者の動きを待っている瞬間がずっと続く感じ。

 

「何だ?何だ?」と妙に落ち着かなくなり、ガラケーの携帯を手に取った。

 

電話帳を開き、あ行からずっと並んでいる人名をぽちぽちとスクロールした。

 

どうしてそんなことをしたのかはよくわからない。

 

少しして、スクロールする手を止めた。

 

画面に表示されていたのは、高校時代の担任。

 

明るく楽しく、悪いことはちゃんと指導してくれて、良い所は褒めてくれた恩師。

 

机に入れておいた購買のあんぱんが部活後に何者かによって盗み食いされた時も、進路選択の時も、真面目に向き合ってくれた。

 

卒業後に母校での教育実習が決まった時は、他校に異動していたのにもかかわらず、母校の教員に宜しくお願いしますと話を通してくれていた。

 

就職してからも、顔を合わせた私の両親に「元気にしていますか?」と気にかけてくれていたと聞いた。

 

そんな思い出が一気に思い起こされた。

 

でも、どうしてこの状況で先生が?

 

よくわからないけれど、何だかすごく先生に電話したくなってたまらなくなった。

 

「いやいや、突然電話したくなるってなんだよ、女子か!(女だけど)」と、自分で自分に突っ込んで、家事を始めた。

 

寝る気にはならなかった。

 

しばらくして、メールが届いた。

 

高校の同級生から、『先生が亡くなった』との報せだった。

 

まだ40代、病死だった。

 

話は変わり二度目は、その数年後に妹と旅行に行った夜の時だった。

 

「さあ、寝よう」と支度をしている時に、件の“あの感覚”がした。

 

ただ、この時は場所と日時がマズいのかと思っていたけれど(その土地の大規模災害・大空襲の日だった)、旅行から帰って来たら、その時に『親戚が亡くなっていた』と聞いた。

 

会う機会は少なかったけれど、小さい頃はとても可愛がってもらった人だった。

 

人が亡くなる時、生前に縁があった人の所に会いに行くという話を聞いたことがあるけれど、そういうことなのかな。

 

ちなみに二度目の時、一緒にいた自称霊感持ちの妹は、何も感じずに爆睡していた。

 

一緒にいても波長が合わないと感じないのかな。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ