あの人がこのお守りを持ち続けていたら

木霊のお守り

 

これは私自身が16年前に体験した、不思議でもあり、切ない話。

 

ある日、大学の登山部仲間と『北岳』を登りに行った。※北岳(きただけ)=富士山に次ぐ日本で2番目の高峰で標高3193m

 

8月も末に近く、夜は気温もグッと下がり寒くなる。

 

白根御池と肩の小屋でそれぞれ泊まり、登頂後は一気に下る2泊3日のコースだ。

 

その1泊目、白根御池でテントを張った夜のこと。

 

別のテント前では、全身をオレンジ色で統一した登山着の人たち。

 

ヘルメットまでオレンジ色で、登山はまだまだ初心者だった私には、それがとてもカッコ良く見えた。

 

私がじっと見ていると、そのうちの一人がマグカップを片手に近寄って来られた。

 

「こんばんは~。山の夜は星が綺麗だねぇ」

 

「あ、はい!登山はまだまだ初心者なので、何もかも驚いたりしています。あ、星って本当に綺麗ですね」

 

「そうか、初心者かぁ。北岳はね、何度でも登りくなる山だよ」

 

「は、はい!」

 

「そうだ。じゃあ、これをあげよう。俺のお守り。安全祈願と魔除けかな」

 

そのお守りは木霊のようで、木を削り出して玉にしたような不思議なものだった。※木霊(こだま)=樹木に宿る精霊

 

玉の縁には穴があり、そこに木綿のような紐が通してあって首にかけられる。

 

「兄ちゃん、その木霊のお守りはね、俺のことを何度も助けてくれたんだよ」

 

「ありがとうございます。大切にします!」

 

明くる日、私たち登山グループが肩の小屋に着くと、ヘリが飛び、無線の音も飛び交っていた。

 

『・・・・・オレンジ色の人たち・・・バットレスで滑落・・・・』

 

その夜、肩の小屋に設営したテントの中で、私は夢を見た。

 

「お兄ちゃん、その木霊お守り、大切にしてくれよ。お兄ちゃんにバトンタッチだ。さようなら」

 

あれから16年が経った今でも、その木霊のお守りは仏壇にあげている。

 

もしあの人がこのお守りを持ち続けていたら、バットレスから落ちなかったのかもしれない…。※バットレス=山頂や稜線を支えるかのように切り立っている急峻な岩壁のこと

 

そして私は、この木霊のお守りを貰ったおかげで、無事に下山が出来たのかもしれない。

 

毎年お盆になると、御先祖様に手を合わせながら、同時にあの人への感謝と、あの人たちのご冥福をお祈りしている。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年11月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ