3メートルの巨人と複数のナメクジ人間

山中

 

これは、田舎に住んでいた子供の頃の怪異体験話。

 

ある日のこと、地元から一つ向こうの山で遊んでいると、いつの間にか迷っていた。

 

泣きたい気持ちを堪えながら闇雲に歩いていると人の声がする。

 

安心してそちらに行ってみたら、『変なモノ』がいた。

 

ガリガリに痩せた3メートルぐらいある、やたらとでかい人間のようなモノ。

 

ソレが、ナメクジみたいな体に人間の顔が埋まったような複数の生物に、鎖を繋いで歩いていた。

 

ソレはすぐにこちらに気付き、近づいて来た。

 

僕がガクガク震えていると、腰をヌッと落として顔を近付け、「この事一切他言無用」と言った。

 

目が異様に小さかったのを覚えている。

 

僕は「道に迷ったの…」と何とか口にすると、ソレはしばらく考えた後、「ここをこう行け」と教えてくれた。

 

その時、後ろのナメクジ人間が皆、口々に叫んだ。

 

「助けてください!」

 

「君、人間だろ!」

 

「助けて!」

 

「こんなの嫌!」

 

みんな泣いているようだった。

 

当然、僕にはどうしようもなく、半泣きで固まっていた。

 

すると、ソレはまた鎖をグッと持って、彼らを引っ張りながら森の奥へ消えて行った。

 

助けを乞う声は、ずっとしていた。

 

そしてソレの背中が見えなくなった後、僕は変な声で叫びながらも教えてもらった道を無我夢中で走った。

 

あれだけ迷ったのに簡単に家に着いたのだから、ソレは悪い奴ではなかったような気もする。

 

だが、ソレが物の怪の類だったのは間違いないとしても、あのナメクジ人間たちが何だったのかがよくわからない

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ