赤い世界にいるアイツが怖い

和室

 

これは私自身が幼い頃に、不思議で怖い体験をしていた話。

 

昔、私はよく迷子になる子供だった。

 

ずっと側について見ていても、本当に一瞬、瞬きをする間にふっと消えてしまうらしかった。

 

自分ではよくわからないけれど、そんな時には大抵知らない場所にいた。

 

例えば、妖精のいる花畑、おばあさんが一人で住んでいる大きな家、白い灯台やら細い路地裏やら。

 

でも、しばらくすれば家に帰れたので怖くはなかった。

 

少し成長してから、遠く離れた町で知らない人に「○○ちゃん?大きくなったねえ」と言われた時は怖かったけれど。

 

小学生になった頃に、これは普通のことではないとわかった。

 

でも自分ではどうしようもなくて、あちこちに飛び続けていた。

 

ある日、学校から家に帰っていた時のこと。

 

自宅マンションのエレベーターから下りると、そこがその『赤い世界』だった。

 

一面べったりとした、赤と黒。

 

いつもとは違う光景にドキドキしたけれど、すぐに帰れると思って赤い世界の自分の家に入った。

 

そこにアイツがいた。

 

私は走って逃げて、追い付かれてまた走って、気がつけばいつもの家だった。

 

ただ、行ったことのない、それも子供の足では行けないくらい遠方の、祖母の知人の家に狂乱状態で飛び込んで保護されたらしい。

 

それからは、ふらっと消えてしまう現象はなくなった。

 

というより、全て忘れていた。

 

友人に、あなたは鍵で扉で力だから私が封印うんぬん言われた時も、はいはいと二つ返事で済ませていた。

 

あの赤い世界にはアイツがいる。

 

アイツは怖い。

 

もうどこにも行きたくない。

 

おばけより、幽霊より、妖怪より、アイツが怖い。

 

精神が病んでいると思われてもいい。

 

怖いものは怖い。

 

赤い世界とアイツには気をつけてほしい。

 

踏み込んではいけない!

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2024年2月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  

【特集】過去の年間ランキング

(2022年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2022年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ